《042》リアルに経営が理解できて事業を伸ばせる、守れる6つのポイント②

今回は、「価格・単価」についてお話ししたいと思います。

売上を構成するのは、単価 x 顧客数 x リピート客数とお話ししましたが、その1番最初の単価です。

バブル経済以降、日本経済はデフレに悩まされてきました。 つまり、放っておくと価格がどんどん下がるので、経営をする側は常に苦しい立場に立ちます。

ところが、ここにきて局地的ですが単価を引き上げられる業種があります。例えば、繁華街の喫茶店。

現在、1杯600円から800円のコーヒーを提供する喫茶店がけっこう繁盛されています。

売っているものを見直すと、価格が守れる売り方が見えてくるかと思いますので、その辺りを解説したいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です