《034》経営も物語も「誰が語るか」が大事!ナレーターの使い方 後半

先週に引き続きまして、物語のナレーターの効用を経営に活かしてみるお話をします。

物語のナレーターが変わるとその物語の雰囲気がガラリと変わります。

それと同じく、貴方の経営が誰によって語られるのかで、ビジネスは大きく変わってきます。

例えば、女性向けの商品やサービスをいかつい男性が語るとどうでしょう?

ちょっと違和感がありますね。

一方、上品な女性がさわやかに商品・サービスを説明したらどうでしょうか?

買い手にとってはその商品・サービスのイメージが湧いて安心感がありますよね。

つまり、語り手をだれにするかによってビジネスの成功・失敗を左右することがあります。

そんな、語り手を切り替えていく経営の手法についてお話します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です