《028》 ストーリーが経営の大きな武器に!物語の活用方法について(2/2)

専門家インタビュー
ブログの不具合について 2017/8//11(更新)

当ブログ「加藤茂が訊く!経営のリアル」において、Wordpress4.8へのの更新中に不具合が生じました。

漸次、復旧作業をしていますが、一部のページや画像が反映されていません。ご迷惑をおかけしますが、もうしばらくお待ちください。

復旧状況

8/11 最新記事のアップをしております。各記事のアイキャッチ画像は修復中です。

8/3 全番組の記事と音声をアップしなおしました

「ストーリー・物語」をテーマにして、今週も加藤 茂がお話しさせていただきます。

物語が、情報を大量に運んでくれるコンテナで、しかも相手にしっかり記憶に残ってもらえる強力なツールであることを先週はお話しました。

今週は、物語がどのような構造でできているかを解き明かします。

古代から人類は物語を作ってきて、それを語ってきました。特にそれらは神話として語られてきたのですが、驚いたことに世界中にある神話はほとんど共通した要素を持っています。

通信網がない古代にどうしてこのようなことが起こったのかを解りません。ただ、推測するに、人類は一定の構造をもつ物語には、その内容を相手に伝えることができて、しかも聞いた相手にはその内容が長く記憶に残ることを知っていたと思います。

今日は、「スターウォーズ」を製作したルーカスも応用した物語の構造についてお話します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました