《009》自発的に動けて、コミュニケーション力が高い体育会系人材の採用と活用の秘訣(2/2)

専門家インタビュー
ブログの不具合について 2017/8//11(更新)

当ブログ「加藤茂が訊く!経営のリアル」において、Wordpress4.8へのの更新中に不具合が生じました。

漸次、復旧作業をしていますが、一部のページや画像が反映されていません。ご迷惑をおかけしますが、もうしばらくお待ちください。

復旧状況

8/11 最新記事のアップをしております。各記事のアイキャッチ画像は修復中です。

8/3 全番組の記事と音声をアップしなおしました

アスリート(体育会系)の人材紹介・就職サポートをされています、ザッツ株式会社の阿部勝哉社長のお話を今回もうかがいます。

前回は、アスリート人材が持つ「人との挨拶がしっかりできるコミュニケーション力」や「自発的に仕事を考えていくことができる」力をご紹介いただきました。

しかし、有能な人材ほど独立を求めて会社を去ることが多いのも事実です。かくいう阿部社長も元ハンマー投げの選手で人材派遣の会社に勤めて独立されました。

しかしながら、阿部社長は元の会社さんとも関係が良好です。実際、多くのアスリート出身の社長がいらっしゃいますが、みなさん元の会社との関係を保ち、素晴らしいビジネスパートナーであったりします。

それは、コミュニケーション力を欠かさないで、きちんと義理を果たし、そして自発的に仕事ができるアスリート・体育会系人ならでは能力なのかもしれません。

なので、人材募集の視点をこう変えてはいかがでしょうか。
つまり「雇用者と従業員という関係を築く採用活動」から、「将来のビジネスパートナーとなる人材との縁づくり・人脈づくり」と。

このあたりのヒントが盛り込んだ内容ですので是非聞きください。

http://ka-real.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました