《002》お客様の「悩み」と「願望」と「ギャップ」を深堀していくことで顧客を明確に絞り込む!

T002EyeC_ErikaShima

顧客の「悩み」と「願望」と「ギャップ」を掘り下げる!

今週も引き続き、嶋えりか先生をお招きして「集客」をテーマにしてお話しいただきます。

先週は、主に「顧客を絞り込むこと」をお聞きしましたが、顧客を絞り込むと、逆に、顧客層が広がるという嶋先生の体験もお話しいただきました。

さて、顧客を絞り込むには、お客さんの頭の中身を知る必要があるとのこと。

お客さんはどのようなことを普段思っているのか?キーワードとして、嶋先生は顧客の「悩み」と「願望」と「ギャップ」を挙げられ、これらについて事例を通して具体的に解説していただきます。

お客さんの表面だけでなく、潜在意識にまで焦点をあてて掘り下げていく過程を解説され、お聞きするうちに顧客の「悩み」と「願望」と「ギャップ」をどうやって言語化していくのかがイメージしやすくなります。

今週も実践で使えるノウハウですのでぜひお聴きください。

今週の内容のキーポイント

音声の内容のキーポイントを並べてみました。詳しくは本編をお聞きください。

嶋先生
例えば、理容室の「理想のお客様」を35歳位の男性会社員とすると、その方の「悩み」「願望」って、実は○○○○だったりします。
加藤
なるほど、そんなところまで深掘りするのですね

いかがでしょうか?詳しくは本編をお聞きください

嶋えりか 先生 プロフィール

eshima

嶋えりか 経営コンサルタント
2000年に中小企業診断士の資格を取得し、コンサルティング会社や、テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」でのマーケティング実務を経て、独立。
現在は、「ビューティサロン成功案内人」という肩書で、マーケティングを専門とした経営コンサルティング業を営む。「集客を増やし続けるヒント」について、ブログで毎日配信中! 

嶋えりかの120%集客術 無料音声プレゼント



日々挑戦し続ける全世界の経営者に会社が独自に保有する「核となる力=コアコンピタンス」を基礎とした経営の戦略的なアドバイスを通じて、会社が長期的かつ計画的に発展するための財務・会計・税務のプロフェッショナルであることをミッションとする公認会計士事務所代表。
銀行本店で元融資部長時代に20,000件以上の融資案件を取り扱った経験を活かし、企業が長期的に発展するための経営・事業計画のエキスパートで、その説得力のある経営・事業計画を土台・基礎として融資や補助金などの財務コンサルティングや事業承継・M&Aなどの事業再編コンサルティングにおいても多くの実績を残している。
補助金マスター倶楽部 主宰 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)