[002]地域振興として若手経営者のモチベーションが上がる「場」つくりについて

416967_454555204582821_634677626_n-300x168

416967_454555204582821_634677626_n-300x1688365801f-3640-483e-a38a-f93975745c9d

冬季オリンピック ジャマイカチーム公認「下町ボブスレー」プロジェクトにも参加されている堤工業 栗原良一社長のお話です。以前から大田区の企業経営者は若々しいと評判だったのですが、企業の二代目、三代目が生き生きと経営に取り組める秘訣がありました。地域の活性化にもつながる「場」つくりの秘訣についてお話を伺ってまいりました。

日々挑戦し続ける全世界の経営者に会社が独自に保有する「核となる力=コアコンピタンス」を基礎とした経営の戦略的なアドバイスを通じて、会社が長期的かつ計画的に発展するための財務・会計・税務のプロフェッショナルであることをミッションとする公認会計士事務所代表。
銀行本店で元融資部長時代に20,000件以上の融資案件を取り扱った経験を活かし、企業が長期的に発展するための経営・事業計画のエキスパートで、その説得力のある経営・事業計画を土台・基礎として融資や補助金などの財務コンサルティングや事業承継・M&Aなどの事業再編コンサルティングにおいても多くの実績を残している。
補助金マスター倶楽部 主宰 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)