[015]商品・サービスをもっとも効率的に提供する方法はお客様の悩みを知る

015%e7%ab%b9%e6%9c%ab%e6%b2%bb%e7%94%9f%e5%85%88%e7%94%9f

今回は、有限会社セル企画コンサルタント 竹末治生 先生のお話を訊いてまいりました。

竹末先生はアパートの空室やトランクルームの運営コンサルタントとして、とても有名な方です。

先生は、セミナーも開催されており、その講座は大変人気がありって、すぐに満席になるほどです。実は、私、加藤も先生のセミナーの卒業生で、先生の指導を参考にしてトランクルーム経営を不動産会社で行っています。ちなみに、竹末先生から、私のトランクルーム経営は数ある卒業生の中でも最高レベルとお褒めをいただいたこともあります。

さて、竹末先生は大和ハウスにお勤め後、独立されたわけですが、コンサルタントとして収益を上げていくのにどのような過程を踏んでいったでしょうか。お話の中では「お客様の悩み」がキーワードになります。ここを土台にしてコンサルタント業を構築していく過程をお聴きしてきました。

http://ka-real.com/

日々挑戦し続ける全世界の経営者に会社が独自に保有する「核となる力=コアコンピタンス」を基礎とした経営の戦略的なアドバイスを通じて、会社が長期的かつ計画的に発展するための財務・会計・税務のプロフェッショナルであることをミッションとする公認会計士事務所代表。
銀行本店で元融資部長時代に20,000件以上の融資案件を取り扱った経験を活かし、企業が長期的に発展するための経営・事業計画のエキスパートで、その説得力のある経営・事業計画を土台・基礎として融資や補助金などの財務コンサルティングや事業承継・M&Aなどの事業再編コンサルティングにおいても多くの実績を残している。
補助金マスター倶楽部 主宰 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)