[008]海外展開には『日本国内』でモニターリサーチをしよう

[008]経営のリアル_ICT加藤翼代表001

 

[008]経営のリアル_ICT加藤翼代表001

今回はNeedsArchの加藤 翼代表にお話しいただきました。

50カ国1000名を超える日本在住の外国人モニター

NeedsArchさんは、在日本の外国人(50カ国、1000名)のモニターさんを擁されています。

このモニターさんに活躍してもらって、多くの日本企業の商品のモニターリサーチの事業を展開されています。

既にその実績は豊富です。

これまでにも亀田製菓の柿の種や伊勢志摩サミットでも話題になった歌舞伎フェイスパックのリサーチもされています。

(そうそう、第1回目第4回目に配信した太洋塗料さんのマスキングカラーも調査されました。その時の模様は「ガイアの夜明け」でも放送されていました。)

海外展開を考えている企業さんは、ぜひ海外に出る前に日本国内でのリサーチを検討してください。とんでもない失敗やコストを上手に回避することができますよ。

参考記事:ダイバーシティの風を、東京にも吹かせたい MET HUFF POST

歌舞伎フェイスパックのモニターの方々

歌舞伎フェイスパックのモニターの方々

ka-real.com

日々挑戦し続ける全世界の経営者に会社が独自に保有する「核となる力=コアコンピタンス」を基礎とした経営の戦略的なアドバイスを通じて、会社が長期的かつ計画的に発展するための財務・会計・税務のプロフェッショナルであることをミッションとする公認会計士事務所代表。
銀行本店で元融資部長時代に20,000件以上の融資案件を取り扱った経験を活かし、企業が長期的に発展するための経営・事業計画のエキスパートで、その説得力のある経営・事業計画を土台・基礎として融資や補助金などの財務コンサルティングや事業承継・M&Aなどの事業再編コンサルティングにおいても多くの実績を残している。
補助金マスター倶楽部 主宰 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)