[051]「攻める経理」を持たない会社は未来がない ベテラン経営者がたどり着いた境地

経営者インタビュー
ブログの不具合について 2017/8//11(更新)

当ブログ「加藤茂が訊く!経営のリアル」において、Wordpress4.8へのの更新中に不具合が生じました。

漸次、復旧作業をしていますが、一部のページや画像が反映されていません。ご迷惑をおかけしますが、もうしばらくお待ちください。

復旧状況

8/11 最新記事のアップをしております。各記事のアイキャッチ画像は修復中です。

8/3 全番組の記事と音声をアップしなおしました

経営には欠かせない「攻める経理」をテーマに、株式会社AND BIZの鈴木世一社長のお話をうかがいます。
鈴木社長は、10数年の経営者経験で、経営の酸いも甘いも両方を経験された方です。
そんな鈴木社長の目線で経営の神髄として、「攻める経理」がいかに重要なのかというお話をうかがいます。
厳しいことを言いますが、経理を営業の後処理と考えている会社に未来はありません。
例えば、会計がよくわからないで経営をするという事は、自動車を運転するときに、速度計は見ない、燃料計は気にしない、バッテリーの状態も、タイヤの空気圧も気にかけないで走っているようなものですね。
経理に対する考え方のヒントとして鈴木社長のインタビューをお聴きください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました