[031]必ず効果が出る、誰でもできそうだけどやっている人が少ない顧客獲得術

今回も株式会社ピカピカハウスの山門賢一朗社長のお話をお聞きします。

山門社長が経営されているピカピカハウスさんは、新規客を逃がすことがありません。その理由は、お客様が求めているレベルを知っているから。

実は清掃という事業は、ゴールがありません。床をまるく掃いても掃除だし、ピカピカに仕上げても清掃です。
それだからこそ、サービス業としてお客様が求めているサービスレベルを把握する必要があると山門社長は考え実践されています。

なので、ピカピカハウスさんはお客様が求めているクオリティを先ず聞き出していきます。そしてそれを上回るサービスを提供しますので、クリーニングを受けたお客様はそのクオリティに満足され、次回からの契約が取れてしまうのです。

誰しも、経営者であるならお客様が求めているものを考えているはずです。でも意外と誰もがみなできているとは限らないのが、このお客様が求めているレベルだと思います。

言われれば「なんだそんなことか」と思う話で、まさにコロンブスの卵のようですが、集客するならぜひ実践してみたいところです。

番組に収まりきらなかった山門社長の音声無料ダウンロードはWebで、どうぞ。

Top

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です