[017]「勝つ術」ではなく「勝ち方」にこだわる元S級競輪選手の勝負師的経営手法

経営者インタビュー
ブログの不具合について 2017/8//11(更新)

当ブログ「加藤茂が訊く!経営のリアル」において、Wordpress4.8へのの更新中に不具合が生じました。

漸次、復旧作業をしていますが、一部のページや画像が反映されていません。ご迷惑をおかけしますが、もうしばらくお待ちください。

復旧状況

8/11 最新記事のアップをしております。各記事のアイキャッチ画像は修復中です。

8/3 全番組の記事と音声をアップしなおしました

今回は、手打ちうどんで有名な「めんこや」を展開している株式会社ドリームハーバーの小林正治社長のお話を訊いてまいりました。

小林社長は、元競輪選手でしかもS級というトップレベルの選手でした。しかも競輪選手になる前は、モトクロスの国際A級選手でもあり、プロの世界をひた走ってこられた方です。それだけに、勝負勘の鋭さは並大抵のものではないと感じました。

インタビューをしていて、「『勝つ術』ではなく『勝ち方』にこだわる」という言葉が、特に印象に残りました。うどん店経営において、「おいしいうどんを提供する」という「勝つ術」を身に着けておくには当然の前提です。それに加えて、お客さんがまた店に来てくれる「勝ち方」が大切とおっしゃっていました。

それでは「勝ち方」とは何か? 番組内で実際に小林社長の生の声をお聞きください。

http://ka-real.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました