[015]商品・サービスをもっとも効率的に提供する方法はお客様の悩みを知る

経営者インタビュー
ブログの不具合について 2017/8//11(更新)

当ブログ「加藤茂が訊く!経営のリアル」において、Wordpress4.8へのの更新中に不具合が生じました。

漸次、復旧作業をしていますが、一部のページや画像が反映されていません。ご迷惑をおかけしますが、もうしばらくお待ちください。

復旧状況

8/11 最新記事のアップをしております。各記事のアイキャッチ画像は修復中です。

8/3 全番組の記事と音声をアップしなおしました

今回は、有限会社セル企画コンサルタント 竹末治生 先生のお話を訊いてまいりました。

竹末先生はアパートの空室やトランクルームの運営コンサルタントとして、とても有名な方です。先生は、セミナーも開催されており、その講座は大変人気がありましてすぐに満席になるほどです。実は、私、加藤も先生のセミナーの卒業生で、先生の指導を参考にしてトランクルーム経営を不動産会社で行っています。ちなみに、竹末先生から、私のトランクルーム経営は数ある卒業生の中でも最高レベルとお褒めをいただいたこともあります。

さて、竹末先生は大和ハウスにお勤め後、独立されたわけですが、コンサルタントとして収益を上げていくのにどのような過程を踏んでいったでしょうか。お話の中では「お客様の悩み」がキーワードになります。ここを土台にしてコンサルタント業を構築していく過程をお聴きしてきました。

http://ka-real.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました