[021]あなたのビジネスのお客様を誰なのか?お客様の定義がビジネスの起点になる

021EyeC_ToshimasaSakuma

今回は、犬のためのフード販売、しつけ方教室、グルーミング、動物病院、セミナーなどを提供しているGREEN DOGを展開されている株式会社カラーズの佐久間敏雅社長のお話を訊きます。

お客様は、飼い主なのか?ペットなのか?

ペット業界では、「だれを顧客にしているのか」がよく問題になります。つまり、お客様は、飼い主なのか?ペットなのか?どちらをターゲットにしているのかということです。

いきおい、代金を支払う飼い主に焦点が当たりそうですが、佐久間社長は「顧客はペットです」とおっしゃっています。もちろん、飼い主さんとペットの関係やバランスも重視されていますが、どこに立ち返って考えるのかを「ペット」におかれているそうです。

犬のために非常に多くの事業や活動を展開できる秘密とは

カラーズさんは、犬のために非常に多くの事業や活動を展開されています。フード販売のみならず、グルーミングや動物病院、はては犬の温泉まであります。

これだけの各種の事業や活動をうまくバランスをとって展開できるためには、起点となる「ペット(犬)が顧客」という視点に秘密があります。このあたりをぜひ本編でお聞きください。

 

日々挑戦し続ける全世界の経営者に会社が独自に保有する「核となる力=コアコンピタンス」を基礎とした経営の戦略的なアドバイスを通じて、会社が長期的かつ計画的に発展するための財務・会計・税務のプロフェッショナルであることをミッションとする公認会計士事務所代表。
銀行本店で元融資部長時代に20,000件以上の融資案件を取り扱った経験を活かし、企業が長期的に発展するための経営・事業計画のエキスパートで、その説得力のある経営・事業計画を土台・基礎として融資や補助金などの財務コンサルティングや事業承継・M&Aなどの事業再編コンサルティングにおいても多くの実績を残している。
補助金マスター倶楽部 主宰 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)